>

浮気調査時にしてはいけない事を押さえよう

この記事をシェアする

浮気調査の前段階として、避けるべきこと

あなたがこのサイトを発見したのは、ほぼ間違いなくインターネットで「浮気」などと検索をした結果だと思われますが、ひとつ質問です。
検索履歴は消しましたか?
検索履歴と言うのは、ついつい残してしまう、あるいは目にしてしまうものです。
現在はウェブもサジェスチョンが当たり前の時代、パートナーが検索エンジンで「う」と入れただけで「浮気 調査」などと、過去の検索履歴に基づいた候補を出してきてしまいます。
検索履歴や候補も全て消していればほぼ大丈夫(それ以上はかなりPCに詳しい人間でないと見つけ出せない)ですが、こういう所から、疑惑の相手には感づかれてしまいます。
そのため、浮気調査の相談先や依頼先を見つけるのは「家の外のネット端末」が安心ですが、検索履歴もしっかり消しておきましょう。

浮気調査でしてはいけないこと

この項目では、浮気調査における様々なタブーについて、記していくことにしましょう。
まず、大前提として「浮気調査を依頼していること」を絶対に他人に話してはいけません。
当然のように思えますが、浮気を疑っている相手を抑止する意図や、秘密を抱える事の息苦しさなどから、つい口を滑らせてしまうケースはあるものです。
この場合、疑惑の相手が更に手口を巧妙化させて、探偵でも探れない状態になってしまう恐れもあります。
また、そのような大前提以外にも「何処に行くのか」「いつ外出するのか」といった予定などを事細かく「いつも以上に」訊ねるような言動を、疑惑の相手にするのもやめましょう。
これは相手を警戒させ、浮気調査を困難にしてしまうのです。