浮気調査を依頼する際にやってはいけないこと

浮気調査における注意点などを解説

浮気を疑う傾向や兆しとは何か

このサイトでは、夫婦生活において起こりえるトラブルのひとつ「浮気」や「不倫」について、調査を行う場合の避けるべきこと、してはいけないことを解説しております。
浮気調査というものは、過去、さまざまなメディアで採り上げられ、また探偵業や弁護士、興信所の仕事の定番といえるほどに、実はありふれた問題だったりします。
誰だって、パートナーの不倫や浮気を疑うようなことはしたくないですし、疑えば疑う程、貴方自身の生活を辛い状態にしてしまいます。
だからと言って泣き寝入りするわけにもいかないので、自分で調べようと思っても、そう簡単に個人の生活を調べる事など、プライバシー保護が当たり前のこの現代においてはできないのが現実です。
そこで出番となるのが、興信所や探偵事務所といった、人探し、調査専門の業者です。
彼らはプライバシー保護の現代においては、また、過去の様々な事件などから、すっかり忌避されるようになりましたが、それでも、人を探す、人を調べることに関しては、一般人とは比較にならない位のノウハウとテクニックを有しています。
また、警察から正式な認可を得ている探偵業者の調査能力と、裁判でも証拠となり得る報告書の作成能力は、とても個人には真似できません。
そこで、彼らの仕事振りや、依頼するにあたってさけるべきことを考えていくことにしましょう。
最初のページでは、浮気を疑う兆候や、確定的と言えるそのパターンを探ります。
2ページ目では、探偵業が、どのように浮気調査をしてきたのか、その今昔を紹介します。
最後のページでは、具体的に、探偵業に浮気調査を依頼する際の、タブーや避けるべきことを紹介していきたいと思います。